ブログ
 2019.09.20 | くまさん,くまさん本舗,くまちゃん,ゴンちゃん,日めくりゴンちゃん,赤鬼ゴンちゃん,

日めくりゴンちゃん <2019.9.19>

赤鬼ゴンちゃんから、平日毎日お届けするあなたへのメッセージ☆ [2019.9.19]

恥ずかしげもなく、天真爛漫に、青臭い言葉を発することができますか?

映画、男はつらいよの主人公、車寅次郎は国民に愛されたキャラクターですが、彼はまさに一般人が言いにくいことを真面目にさらっと発します。

一見すると彼は賢そうには見えません。むしろバカっぽく見えてしまいます。けんかっ早くてお人好し、大好きな女性や、大切な家族が幸せになることに重きを置いて、情熱をもって真剣に対応します。しかし結局、自分は身を引いて、毎回相手を見守る立場にいきます。

甥っ子の満男が、寅さんに問います

「人間は何のために生きてるのかな」
      
寅さんはこう答えます。

「何て言うかな、ほら、ああ、生まれて来てよかったなって思うことが何べんかあるだろう。そのために人間、生きてんじゃねえのか」

そんな寅さんに惚れたマドンナの一人、リリーが放つ言葉も忘れられない一撃でした。寅さんに対して、本気で自分の気持ちをぶつけています。

「格好なんて悪くったっていいから、男の気持ちをちゃん伝えてほしいんだよ、女は。だいたい男と女の間っていうのは、どこかみっともないもんなんだ。後で考えてみると、顔から火が出るようなはずかしいことだってたくさんあるさ。でも愛するってことはそういうことなんだろ、きれいごとなんかじゃないんだろ。」

誰かのことが大好きになって、その人のことしか見えなくなって、どんなことがあっても守りぬくんだと決めたけど、それがままならなくなったりして、人生ってうまくいかないことばかり。

でも、それでも、人は人を好きになって、人とのご縁で仕事が繋がって、人の想いを形にして行くのがあなたの仕事であったこと、偶然ではないと思います。

あなたの明るさや前向きさに嫉妬する人たちがいたとしたら、その人たちはきっと羨ましいのです。

僕は寅さんが羨ましかったです。フーテンと呼ばれ、蔑まれながらも自分の生き方を貫いた人。かっこよくてかっこ悪い。大好き。

こんなにもわかりやすく、愛らしく、真摯で、優しくて強くて、一緒にいるだけで楽しい気持ちにさせてくれる寅さんなら、今のあなたにこう言うはずです。

「青年、行け!」



人形劇師くま

くまさん本舗とは



全国の逸品や、クリエイターさん、職人さん、
伝統、産業、観光地などをご紹介していく
「くまさん本舗」 http://www.kuma3.club

人形劇師でもある、店主のくまさんと、
相棒ゴンちゃんからの一言メッセージを
お届けしております♪

=======================================
[くまさん本舗] http://www.kuma3.club
[くまさん本舗チャンネル] https://www.youtube.com/user/kumasanhonpo
[くまさん本舗Facebook] https://www.facebook.com/kumasanhonpo2014
[くまさん本舗Twitter] https://twitter.com/KUMASANhonpo
=======================================

PAGE TOP