ブログ
 2019.08.29 | くまさん,くまさん本舗,くまちゃん,ゴンちゃん,日めくりゴンちゃん,赤鬼ゴンちゃん,

日めくりゴンちゃん <2019.8.28>つよっさん&ヨーコさんへ

[勝手に応援シリーズ]★つよっさん&ヨーコさんへ

大切な思い出がたくさん詰まった街が、一瞬にして消えた311。

オレンジ色のヘルメットと50ccのバイクで、南三陸を旅した30年前。役場でバリバリ働いていたつよっさんのお家に泊めていただき、歌津の美味いものをご馳走していただき、北に向かうなら寒いだろうからと寝袋を頂き、途中お腹も空くだろうからと大きなオニギリを作って持たせてくれたヨーコさん。大船渡の港で、泣きながらオニギリを頬張った思い出。

僕が青春を駆け抜けた東北の海沿いの街は、東日本大震災でほとんんどが壊滅した。

なぜ、震災のあった年から毎年ライブや人形劇をしに行っているのか。ボランティア精神とか、慰問とかの感情ではありません。

壊滅してしまった街や道路や家を、そこに住んでいる人々はもちろん、全国から集まった工事関係者のみなさんや、復興をライフワークとした自治体の方々や、僕のような昔お世話になったご縁で集まってくる人々が汗を流して自分の出来る限りのことをしている姿が見たいから行きます。

本当に素敵なんです。人って。

どん底の経験をした街が、人の力で蘇っていく様は、圧巻です。

亡くなった尊い命は戻りません。

話を聞くたびに涙が出ます。

我が子を失ったお母さん。両親とも流されてまだ見つかっていない娘さん。家族九人を無くして、たった一人で生きる決意をし、父のあとを継いで漁師になった息子さん。

生き延びることができた人々は、大切な家族のために、これからも生き続けます。

悲しいことは受け入れたくないのが、人間です。でも、起きた現実はしっかり受け止めないと行き場をなくしてしまいます。行き場をなくした悲しみは、周りの人たちをも苦しませます。自分で受け取ることで、それを消化して放散できます。

僕の生き方は、これでいいのだろうか。自問自答。

つよっさんとヨーコさんの生き方を見せていただく度に思います。

生きていてくれて、ありがとうございました。

僕も生きていることに感謝して、出来ることを精一杯していきます。見ててね〜!



人形劇師くま

くまさん本舗とは



全国の逸品や、クリエイターさん、職人さん、
伝統、産業、観光地などをご紹介していく
「くまさん本舗」 http://www.kuma3.club

人形劇師でもある、店主のくまさんと、
相棒ゴンちゃんからの一言メッセージを
お届けしております♪

=======================================
[くまさん本舗] http://www.kuma3.club
[くまさん本舗チャンネル] https://www.youtube.com/user/kumasanhonpo
[くまさん本舗Facebook] https://www.facebook.com/kumasanhonpo2014
[くまさん本舗Twitter] https://twitter.com/KUMASANhonpo
=======================================

PAGE TOP